おしゃれでシンプル、使いやすい

実家のトイレが古く、汚れも目立つようになり、両親が、リフォームするかどうか相談しているのをたまたま耳にしました。
実家では、TOTOのウォシュレット一体型を使っていたので、同じようなものでリフォームを考えているようでした。
その後、私もトイレを見る目が変わり、友人宅を訪ねた時、レストランや懐石料理のお店で食事をした時、おしゃれなバーに行った時等、自然とトイレを意識するようになったのです。

色は、白だけではなく、様々な色があること、デザインも様々で、掃除がしやすいもの、便器の前に立つと自動的にふたがあくようになっているもの、使用後は自然に水が流れるもの等、性能も優れていることにあらためて気づきました。
中でも、TOTOウォシュレット一体型が使われていることが多いのです。
両親にこれまでのことを話すと、トイレリフォームで床張替えとTOTOウォシュレット一体型にすることを決めたようでした。

しばらくして実家に立ち寄ると、きれいにリフォームがされていました。
すっきりとシンプル、おしゃれなデザイン。手洗いの部分も大きめ。
便器の前に立つと自然にふたが開いたり、使用後は自然に水が流れます。初めは、父も母も驚いたようです。昔とは全然ちがいますよね。

自動洗浄機能がついていること、便器の淵の構造も掃除がしやすいもので、母は、「掃除が楽になったの。」と、喜んでいました。
手を洗う部分も、大きめなことから、手の大きな父も洗いやすいようでした。
日本のウォシュレットの技術は、外国の方々も驚くような優れたものだそうです。

おしり洗いもパワフルとマイルドとあり、マッサージ機能があり、洗浄位置も操作できます。
本当にすごいですね。